節約学で優雅暮らしに変身

価値あるお金の使い方教えます

家庭でWI-FI化進行中

f:id:bougin:20200723152024j:plain

紅葉

只今筆者の家庭ではWI-FI化進行中です。

文明の利器を使い切る

 インターネット社会到来は100年に一度の変革です。時代はインターネットを上手に使えるかどうかで生活レベルが違ってきます。たとえて言えば、馬車が汽車になり自動車が普及して現在の車社会になった変革に似ています。自動車が普及して一番恩恵があったのは休日に車をレジャーで利用する人ではなく自動車を使い商売をする会社でした。現在は「インターネットを制するものは世界を制する」と言えます。インターネットで儲けられる会社は光ファイバー網会社やプロバイダー会社が儲かるのではなく、インターネットを利用して従来の旧式方法で営業している企業の需要を奪い、新しいトップになっった会社が一番儲かります。

家庭でもこの時代の変革に乗り遅れてはいけません。その企業を利用するのです。

家庭においてはwi-fiは一番の鬼っ子です。現在もそうですが将来的にますます家庭のWi-Fi化を徹底しないと、インターネットを活用している企業のサービスを利用出来なくなります。Wi-Fiを利用している家庭と利用していない家庭では、生活水準の家庭間格差がますます広がるはずです。

すべての家庭製品をWi-Fiで繋ぎたい

 パソコンやスマホばかりでは無く、すべての家庭製品がWi-Fiを通してサービス向上する時代がすでに到来しています。この傾向ますます進みます。

すでに我が家ではWi-Fiを通してサービス価格が下落しています。

証券取引で従来の対面販売からインターネット専業会社(SBI証券を使っています)に変えて手数料を格安にしたのを手始めに、スカパープロ野球セットをDAZNに変えたり、スマホのギガ節約したりしています。

 株式投資でSBI証券を利用し始めた時はインターネットの恩恵を余るくらいこうむりました。(もちろん現在はもっと恩恵をこうむっています)筆者は株式投資がアルバイトみたいな物なので、日本国中どこでも情報が入りほとんどタダに近い手数料で売買できるなんて夢を見ているみたいでした。ましてや今はパソコンからスマホアプリでの売買ですお手軽で安い!!(投資を勧誘している訳ではありません。投資はすべて自己責任です)

アマゾンプライム会員になりプライムビデオ見放題を利用しながらアマゾンの送料が無料の恩恵を受けています。(月々の会費がかかります)自然に通販はアマゾンを使わさりました。首都圏の人ならば重い米とかミネラルウォーターを配達して貰う時にメリットがあるはずです。

今普及し始めている在宅勤務ではズームなどの活用するため家庭でも高スペックのWi-Fiが必要不可欠になっています。

筆者の予測ですが、そのうち新聞なども電子版の場合は新聞紙版よりかなり安い値段設定にせざるを得なくなります。というか、今でも出来るはずです。新聞社が新聞販売店の経営に遠慮して出来るはずの値下げをしていないだけです。(筆者の個人の憶測であり、正確な事実ではありません。うらは取っていません)

アマゾンプライム会員になるとアマゾンプライムリーデングで一部雑誌が見放題です。そんなに見放題な雑誌の数は多くありませんが、今後こういう定期料金で見放題の傾向は強くなり参加雑誌の数も増えるはずです。

雑誌や新聞

インターネットを利用したサービスは中抜きしやすいのです。特に今流行りのズームなどは東京と地方の会社の会議や商談を手軽に出来る可能性があります。商談なども電話なら商品が分からなくても、映像が伴うとすぐ分かります。出張費がかからず時間の節約にもなり休みも増えて、給料もあがると同時に全国の商談の機会が増えるなどの可能性があり一石二鳥な世界です。

雑誌や新聞はインターネットとの相性が良いです。パソコンを使わなくても大きな画面のスマホで充分読めます。出版社と顧客のスマホとの間を中抜きして直結させれば、出版不況の雑誌社も息を吹き返す可能性があります。中間の本屋さんや印刷屋さんは潰れる事もあるでしょうが根本的な経費削減につながり、従来の雑誌や新聞の販売価格より安くしやすいのですから、消費者の利益になります。ジタバタしても、時代の流れは変えられませんのでやるなら、早い者勝ちという気もします(筆者の個人的な見解です)


当ブログは筆者の普段の節約方法を紹介しております。よって個人的な見解であり効果を保証するものではありません。実行する場合は自己責任です。また、筆者の見解も個人的な憶測であり、正確な事実ではありません。うらは取っておりません。


Copyright ©節約学で優雅な暮らしに変更,all rights reserved